【お中元特価】島原手延べ素麺「白兼」

【お中元特価】島原手延べ素麺「白兼」
【お中元特価】島原手延べ素麺「白兼」

白兼は「健康を願い贈る素麺」です。

島原で守り継がれている伝統と
長崎で新たに取り組んでいる技術が組み合わさり
新たな素麺が生まれました。

伝統を背景とした確かな味と
「梅の花乳酸菌」がもたらす健康を是非ご賞味ください

現在、お中元用に送料無料でお届けしております!

4,630¥ 3,980¥

※冬季限定の寒仕込み製法と原料の兼ね合いで
 限定300箱のみの販売となります。


【内容量】
1,500g(30束)


【特徴】
本品「白兼(しらとも)」は、
そうめんの聖地、島原で手延べを作り続けている
老舗製麺所が麺に梅の花乳酸菌を練り込んで生まれた、
この夏にしか味わえない本格素麺です。

◆手延べのこだわり
白兼は、機械化が進む製麺業界の中で希少な、
昔ながらの製法を代々守る麺師の手によって作られました。


南島原にある製麺所

髙橋謙作製麺は、
1858年から6代にわたり南島原で素麺を作り続けています。
機械製造が主流となってきている中
先代の味を守るため代々手延べの技術を受け継いでいます。


製麺の様子

機械なら40分で終わる麺を延ばす工程を
職人が3時間かけて行う製麺所は、決して多くありません。
味を守るために、手延ばし製法にこだわっているのです。

◆素材へのこだわり

白兼の素となる雲仙の名水

原半島は、湧き水が多く、素麺づくりに適した土地。
特に白兼の水は、真冬に麓から湧き出る雲仙の名水。

「真冬の寒い中、山へ行き水を汲むことを繰り返す」
このような手間暇をかけられた素麺は「寒仕込み」と呼ばれ、
小麦や塩などの素材そのものが持つ味を
最大限に感じることができます。

◆乳酸菌へのこだわり
今回のの取り組みとして、
白兼には、「梅の花乳酸菌」という
新しい素材を取り入れることにしました。


梅の花乳酸菌をコーティングした米「腸活米」

梅の花乳酸菌は活性が強く、植物由来なので
日本人の体質に合うといわれています。


手延べ素麺の手法「大引き」の様子

そうめんのコシを生み出す発酵の工程を
乳酸菌が邪魔することないよう、
調理した後でも体内でしっかりと活動するよう研究を重ね、
特別な製法で創り上げました。

◆名前のこだわり

実は今回の白兼、
南島原出身で弊社スタッフSatohと
幼馴染である高橋謙作製麺の八代目との
共同企画により生まれました。


高橋謙作製麺の八代目

地元の者にとって誇りでもある「素麺」。
それを真っすぐな想いで守り続けている友の
「美味しい素麺を食べていただきたい」という想い。
この素晴らしい素麺をこれからも多くの方に
知ってもらえるようになにかできないか。
そんな想いからこの素麺づくりは始まりました。

◆デザインへのこだわり

島原の須川手延べ素麺は、
良質な水、気候、小麦によって作られるため、
古くから最高級そうめんとして、
更には縁起ものとして愛されてきました。


箱のデザインは、縁起物である紅白と、
出会いや繋がることの喜びの意味を込めている

「誕生日に食べると長生きする」、「旅先で事故に遭わない」
「無事にお産ができる」とされ、
「長生めん」「長めん」という名で、
縁起ものとして人々に身近に愛されてきたのです。

◆つながる素麺「白兼-しらとも-」

白兼は、繋がりをもって生まれ、
繋がりを作り願うために在ります。

これまで家族みんなで代々守られてきた伝統と
乳酸菌という新たな素材との出会い。
幼い頃から生まれ育った場所で再会した、私たちの繋がり。
そして、
お客様が白兼を通して繋ぐ幸せと健康の笑顔。

皆様と、皆様が、よりよい縁(えにし)を兼ねるように。
素麺の白に、「兼(とも)」の字を組み合わせました。

品質・食感ともに、お客様のご期待に応えるものと確信しております。ぜひ、ご賞味ください。