研究を重ね、ついに・・・

九州三大麺どころの一つで
古くから水の都といわれている長崎県『島原半島』。

レンガ道が続くとある街の真ん中に
創業安政5年、162年続く『高橋謙作製麺』さんがあります。
機械化が進む中、7代にわたって今でも手作業を貫き
伝統と技術を守り続けています。

実は、1年以上前から新たな商品として、
『究極のそうめん作り』に挑戦してきました。

みなさまに、本当に美味しいそうめんをお届けするため
私たちは立ち上がりました。
私たちとは、出島トンボロのSatohと
幼馴染の高橋謙作製麺8代目となる職人の
2人で立ち上がったのがこのプロジェクト。

“美味しい”だけじゃなく
心と体が喜ぶそうめんをお届けします!
これから新たな商品が世に生まれるまでの取組みを
皆様にお伝えしていますので
ご期待ください!!

関連している記事