管理栄養士のおすすめごはん⑦アジフライ

皆様こんばんは!出島トンボロのごとうです!
揚物って作っているうちにはまっていき、
最終的に食べられない量作ったりしませんか???
そのうえなぜかごはんの最後には全部なくなっているという😇

さて、今回ご紹介する朝ごはんレシピは、管理栄養士 さん考案の 献立!
今回は#松浦 市さんが設定する
「アジフライデー」にかけて作っていただきました✨
※明日、第3金曜日はアジフライデーです!

栄養バランスを整えつつ、約646kcalにて
作っていただいております。
※身長・体重によって適正カロリーは異なります
※5歳児の給食は、490kcalでつくられています。

是非明日ご活用下さい♪

写真の料理の作成・撮影担当はごとうです
鯵フライは切り身を使いました😂
揚物は時間はかかりますが、
揚げたてのおうちの味は格別です☺

~~~
レシピ

カロリーも載せております!
~~~

【作り方】
 鯵はゼイゴ・頭・内臓を取り除き背開きで三枚におろし、
 料理酒、塩コショウをする。卵を溶いて水を加え、小麦粉
 と混ぜる。鯵の水分をとり液にくぐらせパン粉をつけ、
 170度の油で揚げる。キャベツ、しその葉を混ぜ、レモン、
 トマトはくし形に切り鯵につけ合わせる。
 ※ポイント
 てんぷら粉のように液を作ってくぐらせるのがおすすめ。
【栄養ポイント】
 付け合わせには食物繊維が多いキャベツがおすすめ。
 脂っこい食事は消化が遅く胃もたれになりやすい。胃もた
 れの際は、食物繊維控えめ、消化に良いものがよい。

【作り方】
 じゃがいもは皮をむき一口大に。たまねぎは串切り、
 ベーコンは細切、グリンピースは塩をいれ熱湯で茹でる。
 サラダ油を入れ熱した鍋にベーコン、玉ねぎ、ジャガイモ
 を入れ炒める。玉ねぎがすきとおってきたら水を入れ
 煮る。煮立ってきたらAを入れる。ジャガイモが煮えたら
 醤油を入れて茹でたグリーンピースを入れ、弱火で
 煮詰めていく。ジャガイモに味がついたら出来上がり。
【栄養ポイント】
 旬の野菜が食べられる一品。ベーコンやコンソメを使用
 して煮込み、子供たちが喜んで食べてくれるように工夫。
 ただ、じゃがいもの煮物なので、炭水化物や油脂が多め。

【作り方】
 小松菜・えのきは根元を切り落とし、食べやすい大きさに
 切る。油揚げもカット。だし汁でえのき、油揚げを茹で、
 味噌をこし入れてから、小松菜を投入する。
【栄養ポイント】
 ジャガイモの煮物があるので、全体として炭水化物、
 油脂分多めに。なのでバランスをとるために緑黄色野菜や
 キノコを使用した味噌汁をつけた。キノコは食物繊維が豊富。
 揚げ物の献立のときは、ミネラルやビタミン、食物繊維を
 しっかりとれているか確認するとよい。ただし、味噌は
 塩分が多いので、塩分が多くなっている食卓では注意が必要。

★管理栄養士のひとこと★

アジフライの献立を作ってみました。

揚物は、健康の観点から忌避されがちですが、
付け合わせなどの全体のバランスをしっかりとれば、
美味しく健康にいただけます。
食べ過ぎは胃に悪いので、量には気を配ってください。

鯵の栄養はコラムで紹介いたしましたが、
DHA/EPAを含む青魚として、
脳の働きや血流によい効果をもたらしてくれます。
旬のこの季節に是非食べておきましょう。

幼児期の食事は生涯の食習慣の基礎を身につける時期です。
主食、主菜、副菜の揃った食事を心がけて下さい

素敵な朝ごはんをどうぞ😋


こちらの企画、皆様のお声を大募集中です!!!
お待ちしております♪

≋お知らせ≋
島原の伝統手延べ×梅の花乳酸菌
を発売中です!
最高級ともいわれる寒仕込み仕立ての素麺には、
なんと乳酸菌が練りこまれています。
職人の技術によってこそ完成した逸品。
贈り物にも最適です。
是非、お試しください。

関連している記事