【リモートワーク】「座りっぱなし」は腸に悪影響!?

コロナウイルスが流行した2020年春頃から、

リモートワークを導入する会社が増えてきました。

現在、一日の感染者数は県によっては一桁台に

下がり、日常が徐々に戻りつつありますが、

コロナ終息後もリモートワークを希望する人の

割合は、なんと約8割以上!

新たな働き方が、社会全体に浸透しているよう

です。


通勤によるストレスも無く、精神的に良い状態で

過ごせるような気がしますが、リモートワーク

では普段よりも「座ったまま」の状態が長く続く

ことで運動不足を引き起こし、なんと「腸」にも

悪影響を及ぼすことが分かってきました!


今回はなぜ腸と関係があるのか、そして

その他にもリモートワークが引き起こす

体へのダメージと、その対策をご紹介します!


腸内環境の悪化には「胆汁」が関係していた!

「胆汁」とは肝臓で1日に約1リットル作られる

液体で、およそ90%が水分です。その後胆のうに

貯蓄され、濃縮されていきます。

体内に食べ物が入ってくると、胆道という胆汁の

流れる道を通って十二指腸へ。


本来胆汁は小腸で増えすぎた細菌を殺菌する力を

持っているのですが、リモートワークなど長時間

座ることで胆汁の流れが悪化!

上手く細菌を倒すことが出来ず、細菌が繁殖

しやすい環境を作り出してしまうのです。


運動不足によって増えてしまった腸内の有害

物質は、やがて全身の不調を起こすリスクへと

発展していきます。


運動不足を手軽に解消!ストレッチ

仕事の合間や、リフレッシュにも最適なカンタン

ストレッチをご紹介します!

■背筋を伸ばしてスクワット

1. 脚を肩幅に開き、前を向いて立つ

2. 胸の開きを意識しながら、両手を頭の後ろで組む

3. 膝がつま先から出ないように、4秒ほどかけて腰をおろす

4. 4秒ほどかけてひざをゆっくり戻す


無理のない範囲で、数回行ってください。

太ももの大きな筋肉を使うことで、滞っていた

血流の動きを促すことができます。

呼吸を忘れないように行いましょう。


■座ったままできる!肩甲骨はがし

1. 胸の前で手を組んで、息を吸いながら前へ伸ばす

2. 腕が遠くへ引っ張られる感覚で、背中を丸めながら20秒キープ。

3. 息を吐きながらゆっくりと手を戻す。


痛みの出ない程度に、背中が伸びたと感じる回数

ストレッチを行いましょう。


「座りっぱなし」が原因で起こることが他にも!

同じ姿勢を取り続けることは、腸だけではなく

全身に負担をかけてしまいます。

固まった体制で目だけを酷使していると、

交感神経が高まり脳にダメージが!

仕事の疲れがなかなか取れない状態になって

しまうこともあるのです。


また、パソコン操作は姿勢が悪くなりやすく、

長時間猫背でいるとエネルギー代謝が悪化する

ことで、生活習慣病を引き起こす可能性も!


まとめての運動ではなく、こまめに体を動かす

ことが重要です。1時間に1度、立ち上がるように

意識し、座りっぱなしを回避しましょう。

人気の記事POPULAR ARTICLES

フェイスブック インスタグラム ツイッター ノート