腸を整えて冬太りを撃退しよう!【すっきり腸活】

寒さで動く機会が減って、なんだか体が重くなっているような…と感じている人はいませんか?

去年に引き続き今年は特に、コロナウイルスが流行したことで外食の機会が減って、家でごはんを食べることが多くなった方も多いはずです。いつでもおやつやごはんを食べることができる環境にいると、間食の回数が増えたり、いつもより食事の量が多くなったりしてしまいがち。

これらの原因によって体重が増えてしまうことは「コロナ太り」と呼ばれています。「もしかして、私のことかも?」とハッとした方もいるのではないでしょうか?実は出島トンボロスタッフもリモートワークが増え、コロナ太りを経験してしまった一人です…。そんな私が今回は、憎きコロナ太りになってしまう原因と、今日から取り入れることができる対策についてご紹介いたします!


「コロナ太り」の原因には心の健康が関係していた!

コロナウイルスが爆発的に流行していた頃、緊急事態宣言を受け自粛期間中は、生活範囲の制限を余儀なくされるようになりなってしまいました。日常では起こらないイレギュラーな苦しみを感じるようになり、人々は無意識にストレスを感じてしまっていたのです。

脳がストレスを感じると、セロトニンという幸せホルモンの分泌が減り、セロトニンの食欲を抑える働きが低下。結果として、食欲が増してしまうという負のループに陥ってしまいます。

また、長期間に慢性的なストレスを無意識のうちに受け続けると、甘いものや脂っこい食事を食べたくなる傾向にあると言われています。特に糖質の高い食事は胃腸の働きが悪くなり、腸が収縮する「蠕動(ぜんどう)運動」が停滞、結果として便秘になってしまう恐れがあります。

そして、受けたストレスを発散するために、食べるという悪循環にはまってしまい、こういったさまざまな要因が重なることで、体重はドンドン増加していってしまいます。


腸を整えてスッキリボディを目指そう!

そこで冬のコロナ太りを解消するカギとなるのが「腸」です。腸は食道や胃を通って運ばれてきた食べ物を消化、吸収するだけでなく幸せホルモンのセロトニンを作ることから「第二の脳」とも呼ばれています!しかもこのセロトニンには、病気を防ぐ免疫細胞を作る力もあると言われているのです。

そのため、便秘や冷え性など体の不調が見られる方のお悩みの原因は、もしかすると腸が汚れてしまっていることが原因なのかもしれません。腸を改善して、冬のコロナ太りを撃退しましょう!


あなたの腸はどっち?美腸セルフチェック!

上記のチェックリストの結果はどうでしたか?

このチェックリスト、実は1つでも当てはまる項目があった方は、腸が汚れてしまっている可能性があるのです!ちなみに私自身は「お腹の冷え」が気なってしまいました。他の部分は温かいのに、下っ腹の辺りだけ「なんだか冷たい」と感じるんですよね…。

腸を整えてキレイにすることで、栄養の吸収と老廃物の排出をきちんと行うことができるようになります。さらに、基礎代謝も上がっていくので痩せやすい体質に!コロナ太りに打ち勝つために、腸はとっても重要なのです。


座ったままできる!腸活マッサージ

腸の働きを改善するために内側からのケアはもちろんのことですが、外から刺激することもオススメ!与えた刺激が腸管神経のネットワークに影響を与えることで自律神経が整い、副交感神経が優位に。結果として、血行改善と腸内のバランスを整えることに繋がります。デスクワークの間やテレビを観ながら、「ながら」でできる腸活マッサージをご紹介いたします。

①おへそと右骨盤の出っ張りを直線で結んだラインの真ん中辺りにある「バウヒン弁」に、右手を置く

②左手でバウヒン弁に向かって「J」の字を書くようにマッサージをする

1セットで3回行い、1日に3セット行いましょう。力は入れず、やさしくなでるのがポイントです!


①両手をバウヒン弁に置く

②バウヒン弁から大腸のラインに沿って「の」の字を描くようにお腹をなでる

 強く押さえつけないように、やさしくマッサージ

③お腹をぐるっと、へその下辺りまで両手を移動させる

こちらも1セット3回、1日3セットを行うようにしましょう!


さいごに

いつもよりさらに食事の回数が増える12月。コロナ太りとのダブルパンチで、ドーンと体重が増えてしまう恐れもありますが、ちょっと豪華な年末年始の料理を食べないわけにはいきませんよね!毎日数分間のマッサージでも、しっかり効果を感じることができます。ちょっと食べ過ぎてしまったなと感じた日は、少し多めに行うと良いでしょう。

寒い日が続きますが、しっかり体を温めて心とお腹から、しっかり腸活を行ってみてくださいね!

人気の記事POPULAR ARTICLES

フェイスブック インスタグラム ツイッター ノート