【支援事業】道の駅「ひまわり」の事業再生サポートを開始しました!

出島トンボロは、長崎県南島原市にある唯一の道の駅「ひまわり」の事業再生サポートを始動いたしました。
道の駅では、地元企業や南島原の生産者と道の駅を繋げる活動や、長崎の食材を使用した出島トンボロのオリジナル商品の販売を通して地元の活性化をサポートしたり、たくさんの方々にお越しいただける場所となるように、道の駅にて取り組みを予定している新規事業のサポートなども行っています。

○道の駅 ひまわりとの出会い

以前、南島原市には「みずなし本陣ふかえ」という道の駅があったのですが、2021年11月をもって惜しまれつつ営業を終了することになりました。そんな中、2023年4月にリニューアルを行い再オープンしたのが「道の駅 ひまわり」です。

南島原出身の出島トンボロスタッフは、 道の駅の復活を聞いて「やっちゃ良か場所けど長崎市内から遠かし、あんま足ば運ぶ機会とか少なくなっとったとこやけん、こんニュースはほんて嬉しか~!」とニコニコでした!

「ぜひ、出島トンボロでも貢献できることがあれば」と考えていたところ、これまで行ってきた佐世保工業高等専門学校との産学連携の活動の中で、道の駅ひまわりと南島原市、双方とのご縁が生まれたことで道の駅サポートに繋がりました。

○ひまわりの輪を広げ、大輪の花を咲かせるために

今回、道の駅をリニューアルオープンした地頭園社長は再オープンにあたって、地元企業との取り組みを強化し、道の駅の活性化に繋げることができないかと考えていたとのこと。そこで、地域商社としても活動している出島トンボロが、県内外の人やモノ同士を繋げて輪を広げていくサポートを行っていくことになりました。

ただ、一度閉鎖した施設ということもあり、未だ営業再開の認知が取れていないのが現状です。
そこで、HPやSNSによる情報発信の仕組みや認知拡大のためのキャンペーン、イベント活動をサポートすることで、道の駅ひまわりの認知拡大と集客力アップ、そして南島原市の地域活性化に繋げたいと考えています。

○道の駅 ひまわりが目指す在り方

道の駅の目的として「休憩・情報発信・地域連携」の3つの機能を持つ施設ということが定められているとおり、県外からのたくさんの方が来てくださることはもちろん、南島原市の方の生活のサポートができる場所として機能する必要もあります。
そのため、道の駅ひまわりは、地元の方々に愛される「憩いの場」であり、遠方から島原半島に来る際に「必ず立ち寄りたい」と思ってもらえる施設にしていきたいと思っています。

また、長崎県内で新しいチャレンジをしたい、長崎を活性化させたいという想いを持った企業が気軽に活動できる「サテライトオフィス」として集まる新拠点となるように誘致も行っていく予定です。

○南島原市にアクションを起こす

将来的には、道の駅を起点に地産地消と食育の観点から、地元の方々との交流を盛んに行い、南島原市に住む方々の豊かな生活の後押しがしたいと考えています。
というのも、道の駅の事業再生サポートを通して生産者の方にお会いする機会が増えたことで、たくさんの魅力的な商品に出会うことができたのですが「豊かな自然で育った食品」の販売力はまだまだこれからだな、と感じる機会が多かったのです。

「島原半島の食の発信源と言えば道の駅ひまわり!」と皆さまに思ってもらえるように、商品ラインナップの強化や企業・生産者との密な繋がり、食育やレクリエーション体験など、独自のサービス開発を強化していきたいと考えています。

今後も出島トンボロのホームページ内にて、道の駅ひまわりの事業再生サポートの進捗を発信できればと思っております!出島トンボロを通して、島原半島へ足を運ぶきっかけとなりますように。

また、事業再生サポートや道の駅ひまわりに興味がある企業様がいらっしゃいましたら、ホームページ内のお問い合わせより、ご連絡をお待ちしております。
▼お問い合わせ
https://d-tombolo.club/contact/index 

【店舗情報】
■道の駅 ひまわり
住所:長崎県南島原市深江町丁 6077
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
電話番号:0957-61-0771
https://www.city.minamishimabara.lg.jp/kiji00310627/index.html
https://nagasaki-search.com/34637/

【SNS】
■Instagram
https://www.instagram.com/michinoeki_himawari/

人気の記事POPULAR ARTICLES

フェイスブック インスタグラム ツイッター ノート LINE