オランダ坂こども食堂に参加させていただきました!

「どなたでもどうぞ」と地域のみんなに開かれて実施されるこども食堂。
今回は、本社のある長崎県の日本聖公会長崎聖三一教会さん主催「オランダ坂こども食堂」にボランティアスタッフとして参加させていただきました。

今年はどこもイベント自粛が多く外出も控えているムードも多い中、少しでも子どもたちに喜んでもらえたらと思い、この日の食事は子どもが大好きなカレーライスとサラダ、シェフ特性卵焼きにとデザートを用意しました。
食材は基本的に地産地消。わたし達からは長崎産ひのひかりを使っている腸活米を提供させていただきました。

今回のオランダ坂こども食堂初めての開催だったので、みんな遊びに来てくれるかドキドキ。。
しかも劇場版鬼滅の刃が公開されて間もない10月24日土曜日。。
12時前後、なかなかこども達の姿がないな・・・
どうなるか・・・

と、思いきや!
お昼13時を過ぎた頃、お父さんやお母さんと一緒に近所のこども達がぞくぞくと来てくれました!!
楽しみにしてました~~と言ってお腹ペコペコで来てくれ、大急ぎでカレーを準備^^
そしてこどもたちの反応は・・・

「美味しそう!」から始まり
「おかわりー!」の嬉しい声^^

これまでの心配は遠くに吹き飛びました♪

幼稚園や保育園の友達とはちがうコミュニティで月一回でも食を通して触れ合える遊べる場所はとても大事で、「子ども食堂」は単に子ども達だけにとどまらず、親も運営スタッフも含めた地域の方々の交流の場として重要な意味を持つと考えています。

こどもたちにとって、この場所がとっても安心して遊べる居場所になり、さらに子どもたちの社会性を育む場としても機能する。
そんな機会を生み出すお手伝いが少しでも多くできればと考えています。

出島トンボロでは、食で繋がり、食で育む心豊かな食育活動を実施しています。
最後までご覧いただきありがとうございました!
とあるトンボロスタッフの一日でした。

関連している記事